美容整形の本当のところ教えます

問題の原因

シミの正体はメラニン色素

お肌に関するトラブルの中でもやっかいなものの1つに、シミがあります。 シミができる原因はいくつかありますが、最も多いのが紫外線によるものです。肌は紫外線を浴びると自らを守るためにメラニン色素を分泌します。これがいわゆる日焼けですが、通常であれば日焼けは皮膚細胞のターンオーバーによって徐々に色が抜けていきます。 しかし加齢によって代謝機能が衰えたり、あまりにたくさん紫外線を浴びすぎたりすると色素がそのまま沈着してしまいます。これがシミの正体です。 シミはいったんできてしまうとスキンケアだけでは元に戻すことができません。通常、スキンケアはシミを予防するために行うことだからです。 そこで必要になるのが本格的なシミ治療です。治療にはいくつかの方法があるのですが、中でも今後需要が高まると予測されているのがレーザー治療です。

レーザーでお肌のターンオーバーを促進

レーザーによるシミの治療は、美容外科等のクリニックにおいて行われています。基本的な原理は、レーザー脱毛と似ています。メラニン色素に反応する特殊な波長のレーザーをシミの部分に照射することで、熱によるダメージを与えます。するとその部分が軽いやけどのような状態になって、かさぶたができます。そして1〜2週間してかさぶたが取れると、その下からはピンク色のきれいな肌が現れてきます。 レーザー治療は、メラニンが沈着した古い皮膚細胞を死滅させることによって意図的にターンオーバーを促し、新しい細胞に生まれ変わらせます。シミのほか、そばかすにも有効とされています。 ただ、注意すべき点もあります。実は生まれたての肌は、古い肌以上に紫外線に対して敏感です。したがって治療後すぐに大量の紫外線を浴びるとそこが再びシミになってしまうおそれがあります。そのため、レーザー照射後は普段以上に入念なUVケアが必要になります。